Noimage 640 360

ドロ-ン飛行許可・取得は行政書士にお任せください

現在、市販されているほとんどの機体、飛行エリアで許可・承認が必要となっています。

【飛行の許可が必要となる空域】
1.空港等の周辺の空域
2.地表又は水面から150m以上の高さの空域
3.人又は家屋の密集している地域の上空

【承認が必要となる飛行の方法】
1.夜間飛行
2.目視外飛行
3.人等との間が30m未満の飛行
4.イベント上空飛行
5.危険物輸送
6.物件投下


許認可申請のプロフェッショナルである行政書士が、迅速な許可・承認を実現します。

(注意)
報酬を得て、官公署に提出する書類の作成を、行政書士以外の者が行う場合には、行政書士法違反となります。





対応
エリア
福岡県, 佐賀県, 長崎県, 熊本県, 大分県, 宮崎県, 鹿児島県, 沖縄県
作業対応
可能条件
平日対応, 土日祝日対応, 夜間対応
納品方法
保有資格 行政書士
修了課程
加入保険
  • DJI賠償責任保険
    • 対人:10,000万円
    • 対物:5,000万円
見積条件 パイロット数、許可月数、飛行地域(全国、県単位、市町村単位)で、基本料金は変動しません。
使用機体 Phantom 3 Standard:1円
使用機材
オプション 空港事務所への許可申請:20000円
危険物輸送&物件投下:20000円
利用者への質問・確認事項
出品ID jpbM5Jbl
出品者
---
接客
---
見積もりの精度
---
技術
---
コストパフォーマンス
総合評価
---