Noimage 640 360

ドローン赤外線外壁調査

①大規模修繕の清算に活用
近年問題になっているビル・マンションの大規模修繕工事の修繕費。
ドローンの赤外線調査により、足場を組立てる前に正確性の高い積算が可能になります。
これまで人の手が届く範囲での打診調査・積算で、実数と大きな乖離が発生していた課題をドローン調査で解消します。

②12条点検の調査で使用可能
12条点検(定期調査・検査報告制度)の調査も、ドローンでの赤外線調査の報告が可能です。

③調査費用の大幅なコスト削減
これまで、ビルやマンションの12条点検は、打診調査にも足場が必要だったことから、大規模修繕とセットで考えられることが多く、積算と実数との乖離によりトラブルの原因となることも少なくありませんでした。
ドローン赤外線調査では大幅に費用を抑え、大規模修繕工事を実施する前に「調査」のみ先行して行うことが可能になります。

④調査時間の大幅削減
足場やゴンドラでの外壁調査は、コストだけでなく時間も要します。
ドローン赤外線調査であれば、最短1日で済むこともあり、ご相談から調査までの期間も最短1日で実施可能です。(※ドローンが「包括申請」で飛行可能なエリア)

⑤信頼性の高い赤外線撮影
また、ドローンの赤外線調査では鮮明なサーモグラフィーデータが取得可能です。
それだけでなく、データを外壁修繕の経験と知識に長けた専任者が分析することで修繕が必要な箇所を報告書により明確にご提示することが可能です。

対応
エリア
三重県, 滋賀県, 京都府, 大阪府, 兵庫県, 奈良県, 和歌山県
作業対応
可能条件
平日対応, 土日祝日対応
納品方法 サーモグラフィ(赤外線)
保有資格 DRONE操縦技能証明証
DJI スペシャリスト
修了課程 DRONEフライトオペレーター実技講習
加入保険
  • 無償付帯賠償責任保険
    • 対人:10,000万円
    • 対物:5,000万円
見積条件 【対象物件イメージ】
15階建て、2棟
約250世帯のマンション
※ 実際の建物の条件により異なります。
使用機体 M300:0円(税込)
使用機材
オプション
利用者への質問・確認事項
出品ID A4DJwObN