飛行場所提供者向け

ドローン飛行に関するガイドライン

ドローンを飛行させる際の確認事項を以下の通り記載いたします。内容をご確認いただき、安全にドローンを飛行させてください。
※詳細は国土交通省ホームページ「無人航空機(ドローン・ラジコン機等)の飛行ルール」をご確認下さい

ドローンを飛行させる場所は屋内ですか?屋外ですか?


推奨事項

飛行エリアは第三者が自由に出入りできない状態になっていることをご推奨します。

非常事態の際に連絡する責任者、警察、消防等の関係機関などの連絡先の確保をご推奨します。

ドローンの飛行において不測の事態が起こり、施設に破損等があった場合に対する保険の加入をご推奨します。

隣接している物件へ、ドローン飛行場としての利用を通知することをご推奨します。
(不測の事態での物件被害リスク、カメラへの映り込み、騒音など)

飛ばすドローンの重さは200g未満ですか?200g以上ですか?


確認事項

飛行エリアは人口集中地区ではないですか。

飛行エリアは空港等の進入面等に入っていないですか。

飛行エリアは第三者の上空を飛行する危険性はなく、第三者から30m以上離れていますか。

夜間飛行又は目視外飛行を行う可能性はないですか。
(ゴーグルなどをつけて行うFirstPersonView飛行も、目視外飛行に該当します。)

※上記の項目の中に「いいえ」がある場合

国土交通省 地方航空局(空港等の進入面等に入る場合は各空港事務所)に申請し、飛行許可が下りていますか。

飛行エリアは第三者が自由に出入りできない状態になっていますか。

推奨事項

非常事態の際に連絡をする責任者、警察、消防等の関係機関、国土交通省、地方航空局、空港事務所などの連絡先の確保をご推奨します。

天候、気温、風速等に問題がある、もしくは電線や樹木等(安全飛行の妨げ)や高圧電線や鉄板等(電波干渉の可能性)がある場合、不測の事態が起こる可能性がございますので十分にご注意ください。

ドローンの飛行において不測の事態が起こり、施設に破損等があった場合に対する保険の加入をご推奨します。

隣接している物件へ、ドローン飛行場としての利用を通知することをご推奨します。
(不測の事態での物件被害リスク、カメラへの映り込み、騒音など)

推奨事項

飛行エリアは第三者が自由に出入りできない状態になっていますか。

非常事態の際に連絡をする責任者、警察、消防等の関係機関、国土交通省、地方航空局、空港事務所などの連絡先の確保をご推奨します。

天候、気温、風速等に問題がある、もしくは電線や樹木等(安全飛行の妨げ)や高圧電線や鉄板等(電波干渉の可能性)がある場合、不測の事態が起こる可能性がございますので十分にご注意ください。

ドローンの飛行において不測の事態が起こり、施設に破損等があった場合に対する保険の加入をご推奨します。

隣接している物件へ、ドローン飛行場としての利用を通知することをご推奨します。
(不測の事態での物件被害リスク、カメラへの映り込み、騒音など)