ドローンパイロット向け

ドローン飛行に関するガイドライン

ドローンを飛行させる際の確認事項を以下の通り記載いたします。内容をご確認いただき、安全にドローンを飛行させてください。
※詳細は国土交通省ホームページ「無人航空機(ドローン・ラジコン機等)の飛行ルール」をご確認下さい

ドローンを飛行させる場所は屋内ですか?屋外ですか?


飛行前の確認事項

使用するドローンは電波法に準拠した機体ですか。

アマチュア無線技士の免許は持っていますか。
(FirstPersonViewでの使用においてアナログの映像伝送装置を使用する場合)

ドローンの損害賠償保険に入っていますか。

ドローンを正しく取り扱い、飛行させられますか。

定期的にメンテナンスされていて、正常に動く機体を使用しますか。

飛行前の注意点

飛行予定日前日にはバッテリーを充電しておいてください。

施設側は事故や利用者同士のトラブル、法律違反などの責任は一切負いません。

飛行当日の約束

天候、気温、風速等、安全に飛行できる気象状態であることを確認します。天候の変化やその他危険を察知した場合はすぐに飛行を取りやめます。

ドローンを正しく取り扱い、プロポ(送信機)やアプリケーションなど適正な設定で飛行を行います。

バッテリーは十分に充電されています。

体調不良等がなく、正常に飛行させることができる状態です。

飛行テストを行い、テストで何らかの異常が見つかった場合は飛行を取りやめます。

バッテリーの残量に十分注意して飛行させます。

(積載物がある場合)無理な重量を積載していません。

飛ばすドローンの重さは200g未満ですか?200g以上ですか?


飛行前の確認事項

地表から150m未満での飛行を予定していますか。

第三者の上空を飛行する危険性はなく、第三者から30m以上離して飛行しますか。

夜間飛行(日中(日出から日没まで)時間帯以外)又は目視外飛行を行う可能性はないですか。
(ゴーグルなどを付けて行うFirstPersonView飛行も目視外飛行に該当します)

危険物の輸送又は物件投下は行いませんか。

祭礼、縁日など多数の人が集まる催しの上空で飛行させませんか。

※上記の項目の中に「いいえ」がある場合

国土交通省 地方航空局(空港等の進入面等に入る場合は各空港事務所)に申請し、飛行許可が下りていますか。

使用するドローンは電波法に準拠した機体ですか。

アマチュア無線技士の免許は持っていますか。
(FirstPersonViewでの使用においてアナログの映像伝送装置を使用する場合)

ドローンの損害賠償保険に入っていますか。

ドローンを正しく取り扱い、飛行させられますか。

定期的にメンテナンスされていて、正常に動く機体を使用しますか。

飛行前の注意点

飛行予定日前日にはバッテリーを充電しておいてください。

(国土交通省 地方航空局(空港等の進入面等に入る場合は各空港事務所)に申請した場合)飛行マニュアルに沿った体制を確保してください。

施設側は事故や利用者同士のトラブル、法律違反などの責任は一切負いません。

飛行当日の約束

(国土交通省 地方航空局(空港等の進入面等に入る場合は各空港事務所)に申請した場合)飛行マニュアルに沿った体制が確保されています。

天候、気温、風速等、安全に飛行できる気象状態であることを確認します。天候の変化やその他危険を察知した場合はすぐに飛行を取りやめます。

ドローンを正しく取り扱い、プロポ(送信機)やアプリケーションなど適正な設定で飛行を行います。

バッテリーは十分に充電されています。

体調不良等がなく、正常に飛行させることができる状態です。

飛行テストを行い、テストで何らかの異常が見つかった場合は飛行を取りやめます。

バッテリーの残量に十分注意して飛行させます。

(積載物がある場合)無理な重量を積載していません。

飛行前の確認事項

使用するドローンは電波法に準拠した機体ですか。

アマチュア無線技士の免許は持っていますか。
(FirstPersonViewでの使用においてアナログの映像伝送装置を使用する場合)

ドローンの損害賠償保険に入っていますか。

ドローンを正しく取り扱い、飛行させられますか。

定期的にメンテナンスされていて、正常に動く機体を使用しますか。

飛行前の注意点

飛行予定日前日にはバッテリーを充電しておいてください。

施設側は事故や利用者同士のトラブル、法律違反などの責任は一切負いません。

飛行当日の約束

天候、気温、風速等、安全に飛行できる気象状態であることを確認します。天候の変化やその他危険を察知した場合はすぐに飛行を取りやめます。

ドローンを正しく取り扱い、プロポ(送信機)やアプリケーションなど適正な設定で飛行を行います。

バッテリーは十分に充電されています。

体調不良等がなく、正常に飛行させることができる状態です。

飛行テストを行い、テストで何らかの異常が見つかった場合は飛行を取りやめます。

バッテリーの残量に十分注意して飛行させます。

(積載物がある場合)無理な重量を積載していません。